珈琲焙煎所 旅の音

京都左京区の住宅地の中にポツンとある小さな焙煎所の物語。

「私が豆を選んだ理由」

1110日開催の旅マ限定トークイベント「私が豆を選んだ理由」。

イベント紹介を司会の天狼院書店女将 山中 菜摘さんにして頂きました。

 

こんにちは。天狼院書店女将の山中です。

 

正直、まずいことを引き受けてしまったなと少し、後悔しています。

 

その日私は今回のイベントの打ち合わせで

旅のマーケットが行われるTHE SITEにいました。階段を降りるとそこには地下室があって、8畳ほどのスペースはテーブルを囲んで4人で打ち合わせするにはちょうどいい大きさでした。

 

「今度 “私が豆を選んだ理由”というテーマでトークイベントをやりたくて。」

 

そう切り出したのは、今回の「おいしい旅のマーケット」の主催者でもある「旅の音」店主の北辺さんでした。

旅の音さんといえば、20172月のオープンからわずか1年半で雑誌やTVなどメディア登場回数50回以上!雑誌Leafさんの表紙に登場したことも記憶に新しい、今注目のスペシャルティコーヒー専門の焙煎所です。

 

「チョコレートと納豆と珈琲と。一見全く違うように見えるけれど、カカオ、大豆、コーヒーとそれぞれ豆からできている。 そこで語り合えたら相当面白いと思うんですよね」

 

 

その時、その場にいる全員のワクワク感が一気に高まって行くのを感じました。

 

カカオ豆の仕入れから焙煎、成形まで。 原産地による違いを楽しむことができる岡崎のチョコレート専門店『BENCINY ベンチーニー』の宮本さん。

 

f:id:kitabett:20181025155005j:plain

f:id:kitabett:20181025154702j:plain

 

納豆の全国大会である「全国納豆鑑評会(主催:全国納豆協同組合連合会)」で2014年から3年連続入賞。大正14年の創業から京都鞍馬口で納豆を作り続ける『藤原食品』の藤原さん。

f:id:kitabett:20181025154419j:plain

 

 

それに『旅の音』の北辺さん。

f:id:kitabett:20181025154343j:plain

 

 

 

それぞれ豆に惹かれ、探求を続けるお3方が語らえば一体どんな話が飛び出すのか。想像がつきそうで、全く見当がつきません。

 

その豆に出会ったきっかけは?

惹かれた理由は?

それを生涯の仕事として続けていけるのはなぜ?

 

そんなキーワードを元にその日打ち合わせをしただけでも

「え! うそ! 知らなかった!」とお互いがお互いに新たな発見があり、さながら化学反応のように次々と興味深いお話が地下室に飛び交っていました。

 

チョコレートと、納豆と。珈琲と。

カカオ豆と、大豆と、コーヒー豆と。

 

仕入れからお客様の手に届くまで、一からすべてにこだわるお三方それぞれの思いとは?

 

「山中さんにはイベントの司会を宜しくお願いします」

とそう言われた時にあぁ、まずいことを引き受けてしまったなと一瞬後悔しました。

 

もっともっと聞きたい! 

絶対時間が足りなくなる! とその日少し打ち合わせをしただけでも私が一番感じてしまっていたからです。

 

・チョコレートが好き!

・納豆が好き!

・コーヒーが好き! という方はもちろん、

・いつか自分店を持ちたい。

・自分の思いを形にしたい。という方も、

とにかく面白そう!!

という方も大歓迎です!

 

後半は質問タイムも設ける予定です。 皆様にもぜひ前のめりにご参加いただければと思います。

 

地下室にギュギュッと集まって、この日ばかりは「豆」について語らいましょう。

10日(土)の16時半から皆様のお越しをお待ちしております。

 

【概要】旅マ限定スペシャトークイベント

「私が豆を選んだ理由」

納豆、カカオ、コーヒー。異業種でありながらこの三者の共通点「豆」について共通する思い。

3人が原料の「豆」からこだわる理由とは。なぜ「豆」を仕事に選んだのか。3人が作り続ける理由とは。

 

開業のきっかけ、秘話[ここだけの話]、豆(商品)への思いをそれぞれの視点から話して頂きます。

 

f:id:kitabett:20181025154018j:plain

ー旅のマーケット限定スペシャトークセッションー

「私が豆を選んだ理由」

・日時 1110日(土曜) 

・時間 旅マ終了後 16時半~17時半ごろ

・場所 the site 地下室

(当日16時15分から本部ブースにてご精算後ご案内させて頂きます)

・料金 1500円 定員25名 (満席になり次第終了)

旅マ限定スペシャルトークイベント 「私が豆を選んだ理由」

ご予約はこちらから 

お名前

ご連絡先(メールアドレス、電話番号)

人数を明記の上

tabinomarket@gmail.com

もしくは0757030770(珈琲焙煎所旅の音)

まで連絡をお願い致します。

 

【登壇者プロフィール】

モデレーター

京都天狼院女将「山中 菜摘」。

READING LIFE—本のその先の体験―」をテーマに年間150本以上のイベントを企画運営している。天狼院書店スタッフとして働く傍ら、ライター、カメラマンとしても活動中。

 

珈琲焙煎所旅の音「北辺 佑智」

珈琲焙煎所 旅の音オーナー。

タイの旅行で出会ったコーヒーチェリーに感動を覚え、2015年自宅のガレージを改造して、フジローヤルの焙煎機でスペシャルティコーヒーの焙煎を開始。 20172左京区元田中に「珈琲焙煎所旅の音」をオープン。 

 

BENCINY「宮本 秀樹」

写真家であり、BENCINY代表。

6年前に師匠であり、友達であり、家族でもあるアンドレア ベンチーニーからイタリア フィレンツェでイタリアの地方菓子を学ぶ。

帰国後、料理雑誌のBEAN to BARの特集に載っていたニューヨーク ブルックリンにあるチョコレートメーカーのクリエイティブな姿勢に感銘を受けBTBを始めることを決意する。

2014年からBENCINYとしてチョコレート作りを始める。

 

藤原食品「藤原 和也」

創業大正14年、藤原食品四代目。看板商品「鴨川納豆」をはじめとする京納豆は、2014年より3年連続で京納豆大粒が全国納豆鑑評会に入賞。収穫の手伝いなど、大豆の生産現場にまで積極的に関わる。