珈琲焙煎所 旅の音

京都左京区の住宅地の中にポツンとある小さな焙煎所の物語。

コーヒーの精製のお話

コーヒーの精製についてのお話を少し。

コーヒーの精製とは収穫されたコーヒーの果実(コーヒーチェリー)からコーヒー豆を取り出す工程のことを言います。

f:id:kitabett:20180707164317j:plain

タイの農園。豆を取り外した後のチェリーの山です。

精製における生産処理方法には、大きく二つの方法があります。
1つは水洗式、ウォッシュド(Washed)

・収穫→皮剥き→水洗処理→乾燥→脱穀 

 

もう一つは非水洗式、アン・ウォッシュド、ナチュラル(Un-washed, Natural)

収穫→乾燥→脱穀 

 

脱穀までの手順が違います。

この手順を変えるだけで同じ豆なのに全く別の味わいになることはご存知でしょうか?

どんな違いが生まれるのでしょうか?
また世界にはどんな精製法が他にあるのでしょうか?

 

そんな疑問にお答えすべく
コーヒー生産地の精製についての丸わかりのワークショップを旅の音で開催することにしました。

 

 

「精製法によって生まれる香味の違い」

7月11日 水曜日

19時〜20時30
料金 2500円
場所 珈琲焙煎所旅の音

 

 


精製法ごとに分けたスペシャルティコーヒーを数種類を一度に並べて飲み比べ(カッピング)を行い、違いを楽しみます。生産地の写真や映像を見ながら理解を深める内容です。



こんな方にオススメです。


【生産地について詳しく知りたい】
【一度にたくさんのコーヒーを飲み比べてみたい!】
【コーヒーについて理解を深めたい】



飲み比べたコーヒーと生産地の事もゆっくりとお話します。
詳しくない方でもお気軽にご参加くださいませ。


いつもと違った視点でコーヒーの世界を楽しみましょう。



f:id:kitabett:20180419090227j:plain