珈琲焙煎所 旅の音

京都左京区の住宅地の中にポツンとある小さな焙煎所の物語。

コーヒーのドキュメンタリー映画の上映会を開催します。

 

ブログを大幅にリニューアルしました。少しは見やすくなったのではないでしょうか。

 

東京から帰って落ち着いてきたのでポツポツと。

 

 

近年コーヒーが飲める場所はどんどん増えていきます。

 

でもそもそも普段飲む「コーヒー」とは元はなんでしょう?

 

どうやってコーヒー豆になるのでしょうか?

なぜ豆によってこんなにも味が違うのでしょう?

 どのような環境でコーヒーは栽培されるのでしょうか?

 

そんなコーヒーについて疑問を持たれる方に、一本の映画をおすすめします。

 

中米ホンジュラスを舞台にしたコーヒのドキュメンタリー映画「the WAY BACK to YARASQUIN」

 

f:id:kitabett:20180419111146j:plain

 

舞台はコーヒー生産量世界第六位の中米ホンジュラス(2016/17年)。

 

山奥にあるサンタエレナ地方で立ち上がったコーヒー生産者のコミュニティ"Catracha Coffee Community"と、そのリーダーの女性生産者マイラに焦点を当てた短編ドキュメンタリーです。

コーヒー生産に依存した生活は不安定だと世界的に叫ばれる中で、伝統作物のコーヒーで豊かな未来を手に入れるために彼らが選んだのは小規模農家ならではの新しい共生関係。

 

そして、美しい産地の日常が映し出されている。スペシャルティコーヒーの実像に迫った展開も本作の魅力です。

 

 「コーヒーで生きる」

 

決してスタイルではない、映像で伝わる生産地の生の現場を是非その目でご覧ください。

 


サンタエレナで暮らす人々の仕事=生き方を知ることで、私達が飲む1杯のコーヒーから想像する景色が変わるかもしれません。

f:id:kitabett:20180419111205j:plain

 

5月18日 金曜、19日 土曜

6月15日 金曜、16日 土曜

 

 

カスカラティー、ホンジュラスコーヒー付き

前売り 3300(前売り券は旅の音店頭でお求め下さい)

当日  3500円