珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

旅のコーヒーゼミ 始動

 

京都に来てはや1年。お店ももうすぐ一歳。

 

 

毎日目まぐるしく人と出会い続けている今。

 

先日は京丹後からわざわざご来店頂き、お店で使われるオリジナルブレンドのコーヒー豆のご相談を。

 

カニやアワビなどの海産物が豊富でオーシャンビューで料理やカフェタイムが楽しめるという。良いなあ。ブレンドが完成したら一度飲みに行きたいなあ。

 

 

滋賀で焙煎所をしていた時は、こんなにも人と出会うなんて事は無かったし、コーヒー豆をWEBSHOPで購入してもらっても郵便で送るだけだった。

 

 

ニュークロップの香味高い状態だったり、同じ国でも農園が変わって香味が変わったりしても伝えるツールは文面しかなかった。

 

 

お店で生産地やコーヒーの多様性、楽しさを伝えたいと思い、去年は開業の次月からすぐにワークショップを始めた。

 

生産地の映像や、コーヒーが出来るまでの過程、香味の違い、抽出の仕方。

 

 

 

去年は要望が多かったドリップ実践がほとんどで、生産地について一つ一つ段階を組んで説明できる機会はなかった。

 

スペシャルティコーヒーに掘り下げて詳しく話すと「農業」に行き着くので、人が集まってくれるのだろうかという不安もあった。

 

でも年末から年始にかけて、「ワークショップの1年間のスケジュールは出ますか?」という方や、「去年受けた内容と別の内容での開催はありますか?」という問い合わせを沢山頂いて。

 

ちょうどその話を、いつもお世話になっている京都天狼院さんでお話したら「うちでやりましょう!」となり今回の開催が決まった。

 

 

やるからには実りのある内容に。

「あ〜コーヒーって難しいね」とか

「知れば知るほどわからないね」なんて事にはしたくないなあ、と、。

 

 

楽しかったね+@になるように。各々+@を持ち帰ってもらえるような内容に。

 

 

そうなると、今までのワークショップではできなかった、より生産地を身近に感じてもらえる内容にしよう、と思った。

 

今飲んでいるコーヒーが元は赤い果実だった事から話そう。

 

なぜ香味が違うのか、精製って?焙煎って?抽出って?

 

一つ一つ紐解きながら、視点を変えながら、

コーヒーの世界を存分に楽しむ。

 

 

コーヒーの生産地に「旅」した気持ちになれるような。

 

 

それが今年から始まる

 

「コーヒーゼミin京都天狼院」

 

 

ゼミでも固い講義ではなくて。

 

ワークショップより説明や映像を交えて、より生産地に着目点を置いた内容で、

コーヒーの楽しさの幅を広げることを1番の目的にしたい。

 

 

今回はテキストも用意。

 

第1回は2月10日「産地ごとの香味とストーリー」

第2回は3月10日「精製法で変わるコーヒーの香味」

第3回は4月14日「焙煎度で変わるコーヒーの香味」

 

第4回は5月12日「カッピング で香味の違いを理解して、コーヒーを表現してみよう」まとめ

 

全てカッピング 付き

 

 

と続いて、どれも一回完結の内容なので単発参加ももちろん可能だけれど、全部のテキストを繋ぎ合わせると一つの「本」が出来るような流れ。

 

 

 

というわけで、旅の音の「コーヒーゼミ」いよいよ始動します。

 

 

 

旅の音店舗のワークショップとしては昨年同様抽出実践や、

天狼院さんで開催内容を追いかける形で時期をずらして開催予定。1月24日「飲み比べて知るコーヒーの生産地」

 https://www.facebook.com/events/902913166553402/?ti=icl

 

  

 一周年もお陰様で間近。

 

2月1日〜4日はコーヒー豆の大セールをしますよ。色々とお楽しみもご用意します。是非。