珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

総括とこれから

 

1年が終わりました。

 

あっという間ですね。去年のこの時期はまだ店を工事して平日は会社で働いていました。

 

そわそわしながら元旦を迎えていました。

 

 

2月オープン当初は想像通り、人通りも全くなくお客さんも少なく、とにかく色々な種類の豆をほぼ毎日焙煎しました。

おそらく今年で通算100種類以上の豆を焙煎したと思います。(店に出したのは15種ほど)

 

シングルオリジン(単一品種)のみでのスタートした事は良かったと思います。お客さんと一緒に入れ替わりを楽しめるし、「コーヒーって農園でこんな違いがあるんやね」と多くの声を頂きました。

 

違いの楽しさを伝えながらそれぞれ「一つの飲み物」として美味しさを追求する事。

どの豆にどの焙煎具合でアプローチをしていくか、産地の個性と甘さのバランス、余韻の長さ、、

 

常に世界中の農園の豆と会話をするように、数秒のポイントをそれぞれの豆で見つけ出す毎日でした。

 

夏にメディアに取り上げて頂いた時、誰よりも喜んでくれたのが地元の常連さんたちでした。

「雑誌見たよ〜。よかったなあ」と声をかけてくださいました。でも皆さんのおかげなんです。

 

「〇〇さんに聞いて来ました」「〇〇さんがすごくおすすめしてたから来ました」

そんなお客さんが本当に多いのです。

 

多くの方に支えられて今の旅の音があります。

 

これからもお店をより良くし、「今日も来て良かった」と心から思って頂けるよう、一歩一歩前に進めていきます。

 

 

 

あと、一つのご報告があります。

来年から開業支援、農園訪問、コーヒーワークショップをより進化させ、

 

「旅のコーヒーゼミ」を始動します。

 

農園についての報告、抽出方法、品種、飲み比べ、焙煎、等様々なテーマで各地で開催予定をしております。コーヒーの可能性と楽しさを多くの方に伝え共有できればと考えています。

 

詳しくは後日お知らせしますね。

 

 

 

また開業支援につきましては春に1店舗決まっておりますが、3月以降でしたら内装デザイン、カフェメニュー、仕入れ先ご紹介、抽出指導等もお手伝いできますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

今年も元旦から滋賀は寒いです。お店は6日から通常営業します。

新しい豆やメニューも1月に登場予定です。

 

 

またお店でお会いしましょう〜。