珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

店を経営していく事

 

まだまだ暑い日が続きますね。

平日は外での仕事なので堪えますね

 

焙煎が1番暑いですが扇風機を二台にしてからは少しマシになってはきました。

 

 

 

先日、立ち上げをお手伝いさせて頂いた友達の店が閉店しました。0の何にもない状態からテーブルや器具を選んで運んで、ペンキを1から塗って、、自分にとってただの店では無く思い入れがありました。

 

将来は合同でコーヒーのイベントをしようと言っていて、これから店舗を出す予定の自分にとって非常に有難い存在というか、自分も頑張ろうという気になれました。

 

閉店後、そのお店にあるテーブルや冷蔵庫を引き取りさせて貰いました。

 

自分の店舗に合ったコンセプトで、選ぶのが良いのかもしれませんが、その想いも自分の店に持っていきたいと思い、引き取らせて貰いました。

 

 

店を経営するという事は本当に難しくリスクがあります。

 

高校の時に働いていたパン屋も、大学の時に働いていたcafé&BARも店をさせて頂いたBARももう今はありません。

 

統計では100店舗出して3年以内に閉店する店は80店舗近くなると言われています。

 

 

では何故、会社員として安定した場所を捨ててコーヒーショップを出したいのだろうかという事を最近よく考えます。

 

 

もちろん自分の焙煎したコーヒーを多くの人に味わってもらいたい気持ちもありますが、それは会社員と並行しても出来ます。

 

ここまで自分を動かしているのは、自分がカウンターに立って、良いと思ったものを出して、「美味しい」と返ってくるあの場所に必ず戻りたいという気持ちが強いからだと思います。

 

 

たくさんの人の前でライブをして、快感になって音楽をやめられないのと何だか似ています。

 

 

皆さんの日常に是非美味しいコーヒーを。

http://kitabett.thebase.in