珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

旅の音のきっかけ。

こうやって自分の店を持ちたいと考えたのは、いつからだったかと思い返してみると、

中学生くらいの時に、喫茶店やりたいと親に言っていました。

漫画の美味しんぼクッキングパパなどに影響を受けたんだと思いますが。。

その頃は、思いついた料理を作っては、家族に食べさせて片付けをせずに(ごめんなさい)満足していた、なんとも面倒くさい子供でした。

高校の時にパン屋でアルバイトをして、そこは製造もさせてもらえて、家でもパンをたまに作るように。鉄板を洗うのがすごくしんどくて、毎日廃棄のパンを食べていたらしばらくパンが食べれなくなりました。

その頃から「何かを作って人に喜んでもらえる」ということが、たまらなく嬉しかったんだと思います。

大学の時、アルバイトをしていた、さらさ西陣でプクーっと膨れ上がるコーヒーを見て、面白いなあと。
なんで今日のは膨れへんのやろ?
なんで今日のは苦いんやろ?

そんな疑問からコーヒーのことしっかり勉強したいなと思うようになりました。

同時に将来は自分のお店を持ちたいと強く思っていました。

ここからは色々あり過ぎましたので、簡単にまとめると、


実家に帰り食品系の会社に入社
会社休みの日に、バリスタ、カフェスクールに通う。
京都BARのオーナーから昼にそこで1年間カフェをやってもいいよとお話を頂き、平日は会社に勤めて、土日限定カフェをオープン。
1年間の営業を終え、先輩ロースターの店で研修を受けさせて頂く。
焙煎機購入。自宅のガレージを改装して焙煎所を作る。店舗開店に向け、現在も準備中。

紆余曲折ありましたが、ここまでこれたのは周りの皆さんのお陰です。

このHPも昔からの付き合いだった友達に無理言って作ってもらい、家族にも、友人にも支えられて旅の音が出来上がりつつあります。
 
土日限定カフェオープンの時もそうでしたが、周りの方に恵まれすぎていると自分でもよく思います。

もっと美味しいコーヒーを。
もっと喜んで頂けるように、今日も焙煎機に向かいます。