珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

旅の音の珈琲

コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の世界から旅してくる珈琲。

その地域の風土、気候、栽培方法等で珈琲の味はそれぞれ異なります。

旅の音はその珈琲豆がどの品種か、どこの地域か、どの農園か、どんな作り方かすべて明確にし、皆さんにお届けする珈琲豆の旅の案内人です。
 
 

珈琲が苦手な方へ

珈琲が苦手な人の多くは、低品質な珈琲のイヤな味を消すため、焙煎で豆を焦がしてそれによって出る苦味、エグミが苦手という方です。

そんな方にこそ高品質の、珈琲本来の香味をお伝えしたいのです。


 
珈琲を通して私たちに出来ること。
 
インドネシアの東側、2002年に独立したばかりの東ティモール

国民の4人に1人がコーヒー生産者と言われています。生産者の多くは山間深くに住み、コーヒーの収入によって生計を立てている人がほとんどです。
※人口約110万人、長野県とほぼ同じ大きさです。
旅の音が大切にしている事は、生産者の顔が見え、その価値と引き換えにしっかりと対価を払うフェアトレードです。


スペシャルティコーヒーを日本のお米に例えると、

「〜さんの農園で有機栽培にて育てられた特級米。粘りと甘みが強いお米です。小さな農園ですので数量に限りがあります。」

しかしそんな特級米を作るには人手も、コストも通常で作るよりも遥かに高くついてしまうのです。

そこに公平な対価が払われないと、お米の質も落として「質より量」となってしまいます。

コーヒーにしても全く同じことです。



安全で確かな品質のものを作る生産者が増えるように、

コーヒーで幸せになる人が増えるように、

何が出来るでしょうか。