読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲焙煎所 旅の音

京都のアトリエビルの中にある小さな焙煎所のブログです。

はや1ヶ月

オープンして1ヶ月。 あっと言う間に時間は過ぎて1ヶ月経ちました。 あれが足りない、これが足りないとバタバタしてた最初の5日間。豆が足りなくて深夜からハンドピックをしてたらいつの間にか朝!と言う日もありました。 スタッフも本当によく頑張ってくれ…

オープンして2週間

お店を開店してからあっという間で、はや2週間が経ちました。あっという間すぎて訳がわからないくらいです。。 最初の五日間はオープニングセールをさせて頂いて、バタバタしてしてしまいましたが、毎日沢山の方にご来店いただきました。 皆さんにご無理を…

明日オープンです!!!!!!

いよいよ、、本当にいよいよ 明日、珈琲焙煎所 旅の音がオープンします。 オープンまでにやれることはかなりやれたと思います。あとは実直に伝えていくだけ。 たった一杯の珈琲が特別な一杯になりますように。 2月5日まで珈琲豆全品半額です。 皆さんのご来…

人生が変わった年

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 blog久々の更新ですね。。 進歩状況は、内装外装は7割方出来上がり、合間にメニューの試作と焙煎に励んでいます。 Instagramにて写真を載せていますので是非見てみて下さい。 2016年、夢を叶…

豆の入れ替え情報

ご無沙汰しております。開店準備でバタバタとしておりました。 店の工事は今外装が終わり、今週から内装です。12月下旬には全て完了予定です。 店主も12月の頭から京都に住み込みますが、四年ぶりの京都での生活は楽しみでもあります。 豆の入れ替え情報です…

2つお知らせ

お知らせが2つあります。 1つは店名について。 これまでは、焙煎し香味を作り出すという意味を持たせて「珈琲焙煎工房」としていました。 今度京都に出すお店は「人の集う所で在りたい」、 「美味しい珈琲の本当の価値を発信する所で在りたい」という思い…

旅の音の店舗がオープンします!!!!

大切なご報告があります。 旅の音の店舗が遂に来年二月(予定)オープンします。場所は京都市左京区田中東春菜町。 廃校になった美術学校をリノベーションしたテナントの一階です。 他のテナントさんはアトリエ、工房、料理教室などが入られます。 古いもの…

珈琲の個性を明確に感じる美味しい珈琲

フジの1キロを導入してきてから焙煎ももう100回は超えてきたでしょうか。 あったかい珈琲も美味しい季節になってきましたね。 相変わらずネットではホンジュラスが人気ですね。 ホンジュラスですが、本当に甘いフレーバーを持っています。瓶に入れて置いて開…

店を経営していく事

まだまだ暑い日が続きますね。 平日は外での仕事なので堪えますね 焙煎が1番暑いですが扇風機を二台にしてからは少しマシになってはきました。 先日、立ち上げをお手伝いさせて頂いた友達の店が閉店しました。0の何にもない状態からテーブルや器具を選んで運…

旅の音の店舗

よくお問い合わせを頂くのが 「旅の音のコーヒーを飲める店舗はないの?」 そんな方々へのお知らせです。 今旅の音のコーヒーショップを開業に向けて進めております。 まだ物件探しの途中ですが、早ければ春になる前にはいいお知らせが出来るのではないかと…

香りアイスコーヒーの作り方

暑くなってきてアイスコーヒーが美味しい季節になってきましたね。 濃いめのマンデリンも、紅茶のようなホンジュラスもアイスにしても香りがたつのでオススメです。 水出しコーヒーが最近流行してきています。 ですが器具がないと気軽にできませんね。あと水…

コーヒーギフト

本日よりショップにギフトボックスが入りました。 お祝いにお酒やお花は定番ですが、珈琲好きな方には是非高品質な珈琲をプレゼントにしてみては如何でしょうか。 父の日、母の日、お中元、お誕生日、場面に応じてメッセージカードも無料で同封させて頂けま…

エチオピアイルガチェフェ

お待たせしました! 本日よりエチオピアイルガチェフェを限定販売致します。 時間がかかったのは仕入れた生豆のフレーバーが思ったより引っ込んでいたので再度新しい豆を仕入れて焙煎していたからです。 圧倒的なベリー系のフレーバー、ピーチのような果実感…

コロンビア

コロンビアはブラジル、ベトナムに次いで世界3位のコーヒー生産国です。コロンビアという豆に皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか?私のイメージは多様性です。生産地域や、品種もバラバラで、飲むカップにより全く香味が違います。 ただ、その中で…

満足しない事

京都で店をしてる時や、焙煎を始めたての時にずっと相談していた焙煎士の先輩がいます。その人の口癖が『絶対に満足するな』でした。美味しい豆が焼けて飲んでもらおうと送ったら『良いけど、満足はするな』と。その時はその言葉がどういう意味を持つのか深…

新作。

最近はもっぱらブレンドの試作と、次のラインナップに入れる豆の焙煎をしています。フレーバーが全て異なる3種ですが、飲み口としては重ためなので、次はフレーバー重視の軽やかな豆を入れようかなと考えています。代表的なのはベリーの香味を持つエチオピア…

ついにオープン。

本日旅の音のWEBショップがオープンしました。やっとお届け出来ます。今回は3種のみとしましたが、すぐに新しい豆もラインナップに加える予定です。どれもオススメです。皆さんにとっての最高の一杯を是非見つけてくださいね。お家に珈琲淹れる器具ないよ!…

旅の音のきっかけ。

こうやって自分の店を持ちたいと考えたのは、いつからだったかと思い返してみると、中学生くらいの時に、喫茶店やりたいと親に言っていました。漫画の美味しんぼ、クッキングパパなどに影響を受けたんだと思いますが。。その頃は、思いついた料理を作っては…

スペシャルティコーヒーとは?

旅の音が扱う、スペシャルティコーヒーとは何なのか。このスペシャルティコーヒーには色々な定義はありますが、生産流通過程が全て明確で、「純粋な味だけで評価されたコーヒー」であることは間違いありません。風味の特性、酸味の質、口に含んだときの透明…

旅の音の珈琲

コーヒーベルトと呼ばれる赤道付近の世界から旅してくる珈琲。その地域の風土、気候、栽培方法等で珈琲の味はそれぞれ異なります。旅の音はその珈琲豆がどの品種か、どこの地域か、どの農園か、どんな作り方かすべて明確にし、皆さんにお届けする珈琲豆の旅…

自己紹介。

滋賀の小さな珈琲焙煎所が正式にオープンしました。旅の音は滋賀のガレージを改装した小さな焙煎所から始まりました。 現在は自宅のガレージにスペースを作り焙煎機を構えて、コーヒーに向き合う日々です。実は、平日に他の仕事をしていまして、土日中心に店…